貧血

貧血(鉄欠乏性貧血)とは

貧血とは人間の血液中のヘモグロビンというタンパク質の濃度が低くなった状態を指します。ヘモグロビンは、血液中で生命活動に必要な酸素と結合し、呼吸により受け取った酸素を各臓器や組織に運ぶうえで大切な役割を担っています。ヘモグロビンが不足するということは、全身の組織に酸素を届けることができなくなることを意味します。したがって、全身にさまざまな症状があらわれることが知られています。

貧血は、その原因によって名称がつけられており、

・鉄欠乏性貧血(体内の鉄分が不足する)
・再生不良性貧血(血球をつくる骨髄の機能が低下する)
・溶血性貧血(赤血球が過剰に壊される)
・腎性貧血(腎臓の異常によって赤血球が作られなくなる)
など、一括りに貧血とはいってもさまざまなものがあります。

この中で最も頻度が高いものは鉄欠乏性貧血です。

鉄欠乏性貧血は、もちろん食事による鉄分の摂取不足も一因ですが、子宮内膜症や子宮筋腫、過多月経など女性特有の疾患が主要な原因であり、女性に多く見られる疾患です。ここでは、鉄欠乏性貧血の症状や治療・生活改善について解説していきます。

貧血(鉄欠乏性貧血)の症状とその特徴

鉄欠乏性貧血貧血では、酸素の運搬にかかわるヘモグロビンというタンパク質の量が減少するため、体内のすみずみまで酸素を運び届けることが難しくなります。これにより様々な症状が現れますが、具体的なものには以下のものが挙げられます。

・立ちくらみ
・息切れ
・めまい
・動悸
・頭痛
・爪の変形

加えて、鉄欠乏性貧血に特徴的な症状として「氷食症」が挙げられます。これは、無性に氷を食べてしまうというこの疾患の患者さんに特有の症状です。無意識にぼりぼりと氷を口にしてしまう「くせ」は、治療を行うことでなくなることが知られています。

貧血(鉄欠乏性貧血)の治療と注意点

貧血を起こす原因の疾患がある場合は、貧血の原因および程度に対して鉄剤やビタミン剤などを投与して補充しながら、疾患に対して適切な治療を行います。

最も頻度の高い鉄欠乏性貧血では、原則として飲み薬の鉄剤を処方します。一部の薬には、副作用として吐き気や便秘・下痢などの症状がでることがあります。「鉄剤」という言葉に対してネガティブなイメージをお持ちになっている方も多いのですが、薬を服用するタイミングや回数の変更、薬の種類の変更によってそのような副作用を減らすことが可能な場合が多くあります。重症の貧血の場合や副作用が強く鉄剤が飲めない場合などは、過剰な鉄の投与に注意しながらの鉄剤の静脈注射や点滴を行います。

立ち上がれないほどのめまい・立ちくらみなど、重い症状がある方はもちろんのこと、軽度な症状でも鉄分を補うことで症状が改善する可能性があります。生活の質を高めるためにも、一度医師に相談されることをおすすめします。

貧血(鉄欠乏性貧血)に対して日常生活でできる工夫

貧血によってQOL(生活の質)が低下することがあります。日常生活の中で以下のことを工夫してみましょう。

・ふらつきを感じた時はすぐにその場でしゃがむ

ふらつきやめまいを感じたら、落ち着くまでその場でしゃがみ様子をみましょう。落ち着いてからも急には動かず、歩き出しは一呼吸おいてゆっくり行いましょう。

・休息時間を確保する

体の疲れを感じた時は、楽な姿勢で休みをとりましょう。日中の休息は少しずつこまめにとると効果的です。外出からの帰宅時、入浴後、食後などは休息を取ってから次の行動に移りましょう。夜に眠れない場合は担当の医師に相談して睡眠薬を処方してもらうこともできます。

・バランスの取れた食生活をこころがける

一日三食、栄養の豊富でバランスの良い食事を心がけましょう。特にレバーや赤身の肉類、魚、大豆製品、緑黄色野菜、海藻には鉄分が多く含まれています。

・体調が許す範囲で運動やマッサージをする

ストレッチやマッサージで体の緊張を和らげることは、貧血によって生じるだるさ、倦怠感を軽くする為に効果的であると言われています。また症状が軽くなった時は軽くウォーキングを行うこともいいでしょう。

・周りの人に助けてもらう

貧血の症状によって日常生活がつらい時には、家族や友人など周りの人に助けを求めましょう。周りの人は患者の人をサポートしながらめまい、ふらつきなどの症状が出ていないか見守りましょう。

まとめ

  • 立ちくらみ、めまい、息切れなどの症状を感じたらゆっくり休みましょう。
  • 症状を感じる時が多ければ病院へ。
  • 日常から栄養、休息を十分に取ることが予防に繋がります。

医師コメント

近年、鉄鍋に替わってテフロン加工の鍋が調理に使われるようになりました。これによって食事からの鉄分の摂取量が少なくなり、鉄欠乏になりやすくなったという仮説も存在します。

貧血は特に女性にとっては身近な疾患です。輸血が必要なほどのひどい貧血でも、適切な休養をとらず、無理をして日常生活を送っている方をよく見かけます。特に女性の疲れやすさ、だるさの背景には貧血が隠れているかもしれません。めまい、立ちくらみ、疲れやすさなどの症状がある方は、一度受診をお勧めします。

さらに詳しい情報