• ホーム
  • 重要なお知らせ
  • クリニックTEN渋谷の新型コロナワクチン職域接種でSNSを活用し、77日連続・計3千本分の「ワクチン廃棄ゼロ」を達成

クリニックTEN渋谷の新型コロナワクチン職域接種でSNSを活用し、77日連続・計3千本分の「ワクチン廃棄ゼロ」を達成

クリニックTEN渋谷(東京都渋谷区、院長:塩谷隆太)は、2021年6月21日から会計事務所を母体とする事業会社「セブンリッチグループ」とその関係者に向けて提供される職域接種を担当。同社が支援するスタートアップ・中小企業・個人事業主とそのご家族と幅広く提供を行い、当日キャンセルが発生した場合には Twitter と Instagram のストーリーズで接種希望者を募り、廃棄ゼロを目指す取り組みとして実施。今月5日までの77日間、計3,000本のワクチン接種を廃棄ゼロにて完了

■ワクチン廃棄ゼロの取り組みについて

職域接種で使用される Moderna 社製 mRNA ワクチンは一度開封すると6時間後には失活してしまい、その性質から予約の重複や急なキャンセルによる意図せぬ余剰在庫ややむを得ぬ廃棄が発生してしまっていました。これは日本が集団免疫形成、並びに個々人の新型コロナウイルス感染による重症化予防を推し進める上での重大な課題であり、当院としては、貴重なワクチンを廃棄することなく、一人でも多くの皆様にワクチン接種を受けていただくことが、我々医師が公衆衛生に果たすべき使命だと考えました。

「本来誰かに打つはずだった日と、その28日後の予定が確約できる」代わりの人を探すのは、もはや困難な時代ではありません。当院では、当日に急なキャンセルによるワクチン廃棄の可能性がある場合は、 Twitter と Instagram で職域接種の対象外の方にも広く来院を呼びかけ接種を可能とし、廃棄ワクチンをゼロにする取り組みを推進してまいりました。そしてこの度、政府より提供された3,000本のワクチンを廃棄ゼロで接種完了することを達成いたしました。キャンセルせず接種いただいた方々、またキャンセル発生時に SNS での拡散にご協力いただいた方々にはこの場を借りて心よりお礼申し上げます。