性器カンジダ症

性器カンジダ症とはなにか 

 性器カンジダ症とは、カンジダという真菌(カビの仲間)が性器に感染して症状が出る病気のことです。カンジダは、性器の他に口の中(口腔)や食道に感染して同じように病気を引き起こすこともあります。

 女性に感染することが多い病気ですが、まれに男性にも起こることもあります。

性器カンジダ症の症状とその特徴 

性器カンジダの症状は、性行為をしてから1日~1週間程度で現れるといわれています。 

女性の症状

女性の場合、性器のまわりのかゆみやできもの、白っぽいおりものがみられることが多く、特におりものは特徴的な見た目で「カッテージチーズ状」とも呼ばれます。カンジタではおりものの匂いはそこまで強くないとされ、似たような形状をしていても匂いが強い場合は、他の病気の可能性を考える必要があります。

その他、排尿時や性行為時に痛みが出ることもあります。

男性の場合

男性に症状が現れることはまれですが、亀頭や包皮にかゆみが現れたり、排尿時に違和感を感じることがあります。

性器カンジダ症の検査と治療 

 基本的には診察や問診を行い、症状などから性器カンジダ症と診断されます。加えて、おりものなどを少し取ってきて、中にカンジダがいるかどうかを顕微鏡で確かめる検査などを行う場合もあります。

 治療は、抗真菌薬という薬を飲むほか、軟膏を塗ったり、女性の場合は膣錠という膣の中に入れる薬を使うこともあります。

 薬以外にも、陰部を清潔に保つことが重要です。ですが清潔を意識しすぎて陰部を洗いすぎると、皮膚に元々住んでいる菌(常在菌)が死んでしまい、バランスが崩れて逆に環境が悪くなることもあります。デリケートゾーン専用の石鹸を使うなども効果的です。

まとめ 

・カンジダというカビの仲間が性器に感染することで症状が出ます。
・性器の周りのかゆみやできもの、女性の場合は白いおりものが出るなどの症状が出ます。
・抗真菌薬という薬を中心に治療を行うほか、陰部を清潔で乾燥した状態に保つことが重要です。

閲覧した文献

  • 医療情報科学研究所. 『病気がみえる vol.6 免疫・膠原病・感染症』メディックメディア.
  • あおぞらクリニック. 『カンジダについて』https://www.aozoracl.com/candida

さらに詳しい情報