淋菌感染症(淋病)

淋菌感染症(淋病)とはなにか

淋病は淋菌を病原体とする性感染症です。淋菌は感染力が非常に強く、感染者の喉や直腸、尿にも菌が存在しています。したがって口、肛門、尿を使ったセックスも感染経路となりえます。特に喉に感染した場合は、特に症状がないまま他の人に感染させることがあります。性器に感染した場合、男性にはすぐにはっきりした症状が出ますが、女性は症状が気付きにくく、進行してから見つかることもあります。

淋菌感染症(淋病)の症状とその特徴 

淋菌に感染した後、2~7日で症状が出ると言われています。淋菌感染症の特徴は、男女で症状とその強さが異なる点です。

男性の症状

男性では尿道のかゆみや熱っぽさから始まり、粘液や黄色の膿がでます。ペニス全体が腫れ上がるほどの激しい症状がみられることもあります。治療を行わずにそのままにしていると精巣が炎症することもあり(精巣上体炎)、最悪の場合不妊の一因となることがあります。

女性の症状

女性の場合は、男性よりも症状が小さく、感染していることに気づきにくいとされています。症状がある場合は、黄色の濃いおりものが出る、尿道から膿が出るなどで感染に気付くことがあります。進行すると子宮内膜炎になることがあり、男性と同じく不妊につながる可能性があります。

淋菌感染症(淋病)の検査と治療

検査には、尿や分泌液、おりもの、喉頭擦過物、咽喉頭うがい液を用います。これらに含まれている菌を増やし、その中に淋菌が存在するかどうかで、淋菌感染症の診断になります。

近年では尿や分泌物の中に淋菌のDNAが含まれているかを検査する方法もあります。

治療には抗生物質が有効で、治療期間は2~3週間程度です。中途半端に抗生物質を飲み途中で中断すると、薬に抵抗する力を持つ淋菌(耐性菌)が生じる原因になります。医師から処方された抗生物質を欠かさず飲み、最後まで飲みきることが必要です。

まとめ 

  • 淋病は淋菌を病原体とする性感染症で、感染力が非常に強い。
  • 男性では症状が激しい一方、女性では症状が現れず、感染に気付かないこともある。
  • 淋病を放置していると最悪の場合不妊につながることもある。
  • 治療には抗生物質が有効だが、耐性菌も増えているため、最後まで治療を続けることが大切である。

閲覧した文献

さらに詳しい情報