トリコモナス感染症

トリコモナス感染症とはなにか

トリコモナス感染症とは、膣トリコモナス原虫という微生物が寄生することで起こる性感染症です。中高年層に多く、感染経路は性行為以外にも下着、タオル、便器、浴槽での感染も起こります。そのため、性交渉歴のない子どもでも感染することがあります。女性の場合、月経中は膣内の環境が乱れるため、感染しやすいとされています。

トリコモナス感染症の症状とその特徴

男女ともに無症状の場合が多く、症状がある場合、個人差が大きいものの潜伏期は約10日とされています。

男性の場合

男性の場合、症状は尿道からの膿や排尿痛などがあげられます。しかし女性と比べてかなり症状が小さいうえ、無症状の割合も高く、感染に気付きにくいとされています。

女性の場合

女性の症状は、あわ状でにおいの強いおりもの、外陰部や膣の痛みやかゆみが特徴です。放置すると子宮まで炎症が広がり、子宮内膜炎や卵管炎など、不妊や早産・流産の原因となる可能性があります。

トリコモナス感染症の検査と治療 

検査は男性器では尿や膿、女性器では膣ぬぐい液の採取によって行われます。

治療として、約10日間フラジールというトリコモナスを追い出す薬を服用します。なかなか治らない場合には、加えて膣に挿入する膣錠というタイプの薬が処方されることがあります。妊娠の可能性がある場合には、さらに考慮が必要ですので、診察時に医師と話し合うことが重要です。

トリコモナスは自然治癒しますか?

トリコモナスは半数程度が無症状ですが、放置すると症状は悪化し、基本的には自然治癒しません。パートナーなどに感染を広げないように、可能性が少しでもあるなら受診するべきです。デリケートゾーンの悩みは医師に相談しづらく、市販のかゆみ止め等で対応してしまう方も多くいらっしゃいますが、適切な薬を使用することが軽快への一番の近道です。安心して相談できるかかりつけ医療機関を持っておくことも、大事なことかもしれません。

まとめ

  • トリコモナス感染症とは膣トリコモナス原虫という微生物が原因で起こる性感染症である。
  • 抗生物質によって治療可能である。
  • 無症状の場合が多いが、放置すると悪化することもあるので、早めの受診が必要である。

閲覧した文献

さらに詳しい情報