授乳相談

内容監修

大堀 璃子

RIKO OHORI

大堀 璃子

RIKO OHORI

助産師/保健師/看護師

東京医科歯科大学医学部保健衛生学科卒業後、東京大学大学院修士課程において助産師資格を取得。総合病院やクリニックで助産師として勤務する中で、産後・退院後の母子サポートの重要性を感じ、2021年に出張助産師として”Baby’s breath”を開業。現在は、”Baby’s breath”での活動や東京大学大学院博士課程での研究を行いながら、クリニックTEN渋谷の母乳外来を担当。

授乳指導とは?

みなさまは、赤ちゃんへの直接授乳にも「コツ」があるのをご存知でしょうか?

「コツ」をつかむと、赤ちゃんが上手に飲めるようになるだけでなく、「効率よく」飲んでくれるようになり、
今までと同じ授乳時間でもより多くの母乳を飲みとってもらえる可能性があります。
また、「コツ」のなかには、ママがいかに楽な体勢で授乳ができるか…、というポイントも含まれています。
それにより、みなさまの授乳時間を「しんどい苦痛な時間」から、「リラックスできる時間」「可愛い赤ちゃんの姿を見つめられる時間」に変えていくことを目標としています。

直接授乳がうまくいかない、直接授乳のときに乳首が痛い、もっと楽に授乳がしたい…、そんなお悩みをお持ちのみなさまの授乳を実際に見せていただき、適切な情報に基づいて(2,6)、アドバイスをさせていただきます。
(もちろん、お悩みが生じる前に健診としてご利用いただくことも大歓迎です。)

また、ご自宅での授乳のペースや、授乳や搾乳のバランス、セルフケア方法を、みなさまのお胸の状況・赤ちゃんの睡眠状況・ご家族のサポート状況などを考慮してアドバイスさせていただきます。

参考文献一覧

2) Hill, P. D., Aldag, J. C., and Chatterton, R. T. 2001. Initiation and Frequency of Pumping and Milk Production in Mothers of Non-Nursing Preterm Infants. J Hum Lact, 17(1), 9-13. doi: 10.1177/089033440101700103.

6) Cadwell, K., 2007. Latching On and Suckling of the Healthy Term Neonate Breastfeeding Assessment. J Midwifery Womens Health, 52(6), 638-42. doi: 10.1016/j.jmwh.2007.08.004.