性器ヘルペス

性器ヘルペスとはなにか 

 性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスというウイルスに感染することで起こる病気です。陰部に水ぶくれができたり、ただれたりします。同じ「ヘルペス」という名前を持ち、口の周囲にできる口唇ヘルペスも同じ仲間のウイルスが原因となります。実はヘルペスウイルスというのは一つのウイルスではなく、10以上のウイルスのグループの名前であり、そのなかでも「単純ヘルペスウイルス」と呼ばれるウイルスが性器や口唇のヘルペスの原因となります。

 単純ヘルペスウイルスには、主に唾液により感染がひろがり、成人では80%近くがすでに感染しているともいわれるHSV-1型と、主に性交渉により感染がひろがるHSV-2型があります。HSV-2型が性器ヘルペスの主な原因とされていますが、実際にはHSV-1型によっても同様の症状が起こることがあります。一般的には、どちらが原因かということが治療方針にそこまで影響を与えないため、あまり気にしなくてよいこととされています。

 ヘルペスの発症にはHSVに初めて感染したときと、すでに潜伏感染していたHSVの再活性化によるときの2種類があります。再活性化をするときは身体が疲れているときや、ストレスを感じていて身体にそなわった防御機構が破綻してしまったときであると考えられています。

性器ヘルペスの症状とその特徴 

 ヘルペスウイルスの潜伏期間は2~10日といわれていますが、中には数年経ってから症状が出る患者さんもいます。初期症状の場合、痛みがかなり激しく生活に影響するほど辛い場合も多く存在します。

男性の症状

 男性では包皮や亀頭に水ぶくれができ、それが破れると強い痛みが出ます。歩くのも辛くなるくらい痛みがひどいこともあります。この症状は、大体3週間ほど続きます。

女性の症状

 女性では陰唇や会陰部に水ぶくれができ、男性と同様の症状を引き起こします。

厄介なことに、一度症状が治まっても、また症状がぶり返す再発が起こることもあります。再発のときは、初期症状よりは軽い症状のことがほとんどです。体調が悪いと再発しやすく、再発の前にはかゆみが出ることが多いとされています。

性器ヘルペスの検査と治療 

 検査は、水ぶくれやただれている部分をこすって細胞を取り、性器ヘルペスに特徴的なものがみられないかを顕微鏡で観察(細胞診といいます。)します。

 治療は、抗ウイルス薬というウイルス性の病気に効果的な薬を飲むことが基本になります。重症の場合は、点滴で薬を投与することもあります。再発で症状が軽い場合は、塗り薬で対応することもあります。

妊娠と性器ヘルペス 

 お母さんがヘルペスウイルスに感染していると、出産のときに胎児(赤ちゃん)にうつってしまうことがあります。新生児ヘルペスといわれていますが、発症すると亡くなることもあり、生き残っても重い後遺症が残ることもあり、かなり怖い病気です。

 ヘルペスウイルスに感染して症状が出たことが今まである方は、妊娠が発覚した場合には産婦人科医に一度相談しておくと安心でしょう。また、妊娠中や出産時にヘルペスの症状が出た場合は、必ず担当の産婦人科に伝えてください。

まとめ 

  • ヘルペスウイルスが性器に感染することで起こり、性行為が感染経路となる。
  • 初期症状はかなり激しく痛み、陰部に水ぶくれができる。
  • 抗ウイルス薬を飲むことが治療の基本です。

閲覧した文献

  • 医療情報科学研究所. 『病気がみえる vol.6 免疫・膠原病・感染症』メディックメディア.
  • ジャスミンレディースクリニック. 『性器ヘルペス』https://jlc.tokyo/examination/19.html

さらに詳しい情報