ハイフ(医療HIFU)

内容監修

荘子 万可

MARK SOSHI

荘子 万可

MARK SOSHI

医師/日本泌尿器科学会認定専門医

泌尿器科、血液透析科を専門領域として研鑽を積む中で、健康寿命を延ばしより良く生きる (well-being) ことに興味を持ち、男性機能やアンチエイジングに関して造詣を深める。 クリニックTEN では、一般内科外来や健診の他、メンズヘルス外来を担当する

お顔まわりでお悩みの方へ

お顔まわりでこんなお悩みありませんか?
・フェイスラインのたるみが目立って気になる
・目元や目尻のシワやたるみが気になる
・ほうれい線や口元のたるみが気になる
・二重アゴが気になる
・注射や手術は嫌だ
このような加齢などによる原因で起こる“たるみ”や“小じわ”等に悩んでいる方におすすめなのが、医療用HIFU(ハイフ)です。 HIFU(ハイフ)はたるみを改善しリフトアップする治療機器です。痛みが少なく、しかも短時間で“たるみ”や“小じわ”にアプローチすることができます。

HIFU は High Intensity Focused Ultrasound の略で、複数の超音波を一点に絞って狙った層に照射し、熱エネルギーによってたるみを改善したりお肌にハリを持たせる、いわゆる「切らないリフトアップ」です。
外科的治療である糸リフトや切開リフトなどよりも体へのダメージが少なく、ダウンタイムもほぼない治療であることから、日常生活を送りながら気軽に受けて戴ける施術です。

当院では、HIFUの代表的なシリーズとして大変人気があるウルトラセル <ULTRAcel> シリーズの最新バージョンである ULTRAcel [zíː] を導入しております。
ULTRAcel [zíː] は、従来の HIFU と同様に皮下組織や筋膜に対して熱エネルギーを与えてお顔をリフトアップする効果がある他、Linear モードを搭載しており脂肪を溶解させることで皮下脂肪を減らし、フェイスラインをすっきりとさせる効果も期待できます。
また、従来の HIFU よりも施術時間が短く、より簡便に施術を受けて戴きやすい点も特長です。

HIFU(ULTRAcel [zíː])で期待できる効果

HIFU は、皮下の3つの層に熱エネルギーを与えることで、それぞれ異なった効果によってリフトアップやタイトニングという効果を得る施術です。

4.5mm:SMAS筋膜
3.0mm:皮下脂肪層
2.0mm:真皮組織

1. 肌のリフトアップ(4.5mm)

皮膚の深い層(脂肪層と筋層の間)に 表在性筋膜(SMAS筋膜:Superficial MusculoAponeurotic System fascia )と呼ばれる組織があり、年齢を重ねるとともにこの筋膜が弛むことで顔のたるみとして出てくることが知られています。
HIFU は SMAS 筋膜に熱エネルギーを与え熱変性に伴い収縮させることにより、お肌のたるみを改善させるリフトアップ効果を発揮します。

2. フェイスラインをシャープに(3.0mm)

皮下組織に存在する皮下脂肪の層に熱を与え脂肪溶解を促進させます。頬や顎の脂肪を溶解させることで、フェイスラインをシャープにする効果が期待でき、その他の部位に関しても部分痩せが期待できます(当院では現在、顔、顎下以外の部位の HIFU 施術は行っておりません)。
ULTRAcel [zíː] では、リニアモードでより広範囲の脂肪層にアプローチし、また脂肪溶解に適した58℃の温度にすることによって効率よく脂肪溶解を促進します。

3. 肌のハリの向上(2.0mm)

真皮に対して熱エネルギーによる損傷を与えることによって、創傷治癒の過程でのコラーゲンの産生を促進し、肌の土台となる真皮を強固にし、肌のハリの向上が期待できます。

リジュビネーションハイフ(オプション 当院でHIFU施術経験ありの方限定)

2.0mmのカートリッジを使用し、肌の浅い層のみスピーディーに連続照射を行うので、スキンタイトニング効果、肌質改善効果(肌のハリ・ツヤ・毛穴縮小など)が期待できる治療です。痛みやタウンタイムがほどんどない施術のため、お痛みに弱い方や、たるみがあまりなく肌にハリを出したい方におすすめです。

HIFU の効果を感じるタイミング

筋膜の収縮効果は施術直後からみられ、多くの場合施術してすぐにリフトアップ効果を感じられます。
その後コラーゲン産生や脂肪溶解作用が遅れて出てくることによって1週間後ごろからさらなる小顔効果が得られ、施術後2-3ヵ月でその効果は最も大きくなります。

1回の施術でも効果を感じて戴けることが多いですが、継続して施術を受けることで相加的な効果、またそれを維持していくことが期待できます(3ヵ月〜半年に1回のペースが目安)。
二重あごのなどの脂肪溶解を狙った治療の場合は2週間-1ヵ月程度毎に3回程度の施術を受けると良いでしょう。

Dot モードと Linear モード

ULTRAcel [zíː] は、照射モードを Dotモードと Linear モードで切り替えながら施術が可能です。
Dot モードでは肌の引き締め(リフトアップとタイトニング)、Linear モードでは脂肪融解による部分痩せと小顔効果を主な目的とします。

Dot モードでは、狙った部分に点で超音波を収束させることによって63℃前後まで組織を加熱し、筋膜および脂肪組織に対してはこれを収縮させ、真皮組織に対しては損傷を与えることによって治癒過程でのコラーゲン産生を誘導します。肌のリフトアップとハリを出すことが期待できるモードです。

Linear モードでは、組織に線状に超音波を照射することによって、照射範囲の周辺も含めた広い範囲に熱エネルギーを与えます。このモードで照射された組織は脂肪組織の溶解に適した 58℃ 程度まで加熱され、これにより広い範囲の脂肪組織を減らしていくことが可能で、狙った部位の部分痩せが期待できます。

ハイフ(HIFU)料金 (税込)

HIFU 全顔(440ショット) 34,800円 

HIFU 全顔+顎下(Dot 500ショット) 42,370円 

         (Linear 620ショット) 47,690円

HIFU 顎下フェイスライン(Dot 60ショット) 9,800円

             (Linear 180ショット) 15,400円

HIFU 顎下フェイスライン3回券 39,270円

リジュビネーションハイフ(HIFU施術時にオプション設定 *当院でHIFUを受けたことがある方のみ対象)

     (全顔100ショット)7,480円

     (全顔150ショット)11,000円

     (全顔200ショット)14,300円

リジュビネーションハイフ(単発 *当院でHIFUを受けたことがある方のみ対象)

     (全顔200ショット)16,500円

*全顔または全顔+顎下をご希望の場合は「HIFU(初回)」よりご予約いただき、診察当日にカウンセリングさせていただいた上でコースをお選びいただきます。顎下フェイスラインの照射モード(Dot/Linear)は当日医師の診察にて決定します。

* 顎下フェイスラインをご希望の場合は「HIFU 顎下のみ(初回)」よりご予約ください

*初診・再診どちらも同じ料金です

*カウンセリング費用込みです

ハイフ(HIFU)は健康保険が適用されない自由診療(自費診療)です

FLOW

ハイフ(HIFU)治療の流れ

1 予約・WEB 問診回答

1 予約・WEB 問診回答

1 予約・WEB 問診回答

当院は完全 WEB 予約制となっています。 面倒な会員登録はなく、LINE と連携、友達登録することでたった1分で予約が完了します。

(ブラウザがプライベートモードになっていると登録に失敗することがありますのでプライベートモードは OFF にしてご利用ください)

診療科目を選択し、予約可能な枠からご希望の時間帯をお選びください。予約後はそのまま問診にお答えいただきます。これによって、診察開始前から医師があなたの状態を把握することができるようになり、クリニック到着後すぐに診察をすることが可能になります。

2 受付・医師とのカウンセリング(およそ30分)

2 受付・医師とのカウンセリング(およそ30分)

2 受付・医師とのカウンセリング(およそ30分)

受付でクレジットカード・保険証を提出いただきます。医師がいる部屋に患者さまが入る、そのような通常のクリニックとは逆転の発想で患者さまにお部屋の枠を予約していただいてそのまま直接診療室にご案内し、そこに医師がお伺いします。問診表を記入したり、待合室で待つ必要はありません。 可能な限りノーメイクで御来院ください。メイクをしておられる場合は御来院後にメイク・日焼け止めを落としていただき、医師のカウンセリングにて説明と診察、皮膚のマーキングを受けた後、看護師による施術を行います。

持ち物

保険証

クレジットカード

3 施術(およそ30分~60分)

3 施術(およそ30分~60分)

3 施術(およそ30分~60分)

マーキングに沿って看護師が施術を行います。鈍い痛みや熱さを感じることがあります。痛みが強い場合は無理せずおっしゃってください。 施術後はすぐにメイクして帰って戴けますが、紫外線対策と保湿の徹底をお願いいたします。レチノールやスクラブなど刺激の強い洗顔やスキンケアは数日間は避けてください。また施術当日は、入浴・アルコール・激しい運動はお控えください。

4 事後決済

4 事後決済

4 事後決済

事後決済 診察終了後にお会計を待つ必要はありません。決済については、来院時に登録したクレジットカードから引き落としをおこないます。初回来院時に登録したカード情報をその後も利用可能です。

5 アフターフォロー

5 アフターフォロー

5 アフターフォロー

診察後には、医師からのコメントを添えた診察内容のまとめを LINE からお送りします。診断病名や、医師のアドバイス、もう一度受診が必要な状況などをいつでも見返すことが可能です。

また、LINE で友達登録をしておけば病院からの連絡、患者さまからの質問と双方向にコミュニケーションをとることができます。ハイフ施術後に赤みや熱感が続く場合は保冷剤で冷やしていただくと落ち着きます。火傷のようになった場合はご受診ください。

年齢とともに気になってくるお肌のたるみは、男性・女性共通の悩みの種となりつつあります。
少しでも気になった場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

当院ではULTRAcel [zíː]の治療をより気軽に受けていただくために、他院よりも比較的お求めやすい価格設定としております。ぜひこの機会に、まずは当院までお気軽にお問い合わせください。ご連絡お待ち致しております。

HIFUなら クリニックTEN渋谷をご受診ください

ご予約はこちらから

医療法に基づく表記

治療内容:ULTRAcel [zíː]はHIFU(高密度焦点式超音波)という技術を使用し、皮下や筋膜に熱を与えます。与えたダメージが回復する過程でコラーゲンが作られ、たるみを引き上げる効果が期待できます。

料金:上記に掲載済み

副作用・リスク:

・紅斑(皮膚の赤み):通常は数時間以内、長くても3日程度で消えます。

・筋肉痛のような痛み:ハイフ(HIFU)治療に伴う反応です。通常は治療翌日までに消えます。

・リニアによる反応:リニアのカードリッジが皮膚に密着していなかった場合などに、皮膚が赤くなったり腫れたりします。これも通常数日で治ります。

・熱傷:カードリッジの接触面が皮膚に密着していない場合、ハイフ(HIFU)が皮膚表面に火傷のようなものを起こすことがあります。万一そのような状態になった場合はきちんとアフターフォローで対応いたします。 

・感覚の麻痺

・毛嚢炎:熱刺激によって一時的に毛嚢炎が起きることがあります。これも通常数日以内に治ります。

・色素沈着:エネルギーが高すぎて表皮にダメージが入りすぎた場合、色素沈着につながる可能性があります。

このほか、頭痛、 赤み、痛み、腫れ、熱っぽさ、軽い浮腫、あざ、水疱形成などが副作用として現れることがあります。

お問い合わせ先:LINEよりお問合せください。

未承認機器の掲載に関して

未承認医薬品等であることの明示:当製品は未承認医療機器(医療上必要性が高いにもかかわらず、日本において未承認又は適応外の医療機器及び体外診断用医薬品)です。


入手経路等の明示:Jeisys Medical Inc.より、医師が個人輸入しております。承認を受けていない医薬品・医療機器についてはこちらをご確認ください


国内の承認医薬品等の有無の明示:同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。

諸外国における安全性等に係る情報の明示:MFDS(2022.06)

※掲載内容・料金はホームページ更新時点での情報の場合がございます。最新の料金や内容はLINEにてお問合せください。