マロリーワイス症候群

マロリーワイス症候群とはなにか

マロリーワイス症候群とは、食道と胃の境目のあたり(噴門部といいます)が傷つくことで粘膜が縦に割け、そこから出血してしまう病気のことです。嘔吐を繰り返すことでお腹にかかる圧力が上がり、粘膜がさけることが原因とされています。飲酒後に嘔吐を繰り返している時に、吐血したというエピソードがよくあげられます。その他にも、妊娠時のつわり、過食嘔吐、食中毒、乗り物酔いなど、嘔吐が繰り返されるような場合にも起こることがあります。

マロリーワイス症候群の症状とその特徴

主な症状は嘔吐を繰り返した後の吐血です。基本的には胸やお腹に痛みがあることはありません。しかし、まれにみぞおちのあたりに痛みがあったり、便に血が混じったりすることがあります。便に血が混じった場合は、便が黒っぽく(タール便といいます)なります。また出血が多い場合、貧血になってしまい立ちくらみが起こるということもあります。

マロリーワイス症候群の治療と注意点

出血している場所や出血の量を確認するために、まず内視鏡検査を行います。この検査の時にはすでに出血は止まっていることも多いです。既に出血が止まっていた場合は、しばらくごはんを食べるのを止めたり、胃酸の分泌を抑える薬を飲んだりして様子をみていると、自然と良くなることが多いです。出血が続いている場合には、そのまま内視鏡治療で出血している場所を留めるクリッピング、もしくは粘膜や血管を熱で焼いて出血を止める方法などが用いられます。

マロリーワイス症候群を放置するとどうなりますか?

マロリーワイス症候群と似た疾患に、特発性食道破裂というものがあります。この特発性食道破裂は、マロリーワイス症候群と同様に嘔吐を繰り返した後に食道が割けてしまった状態です。しかし、粘膜だけが割けるマロリーワイス症候群と違って、食道の壁を構成する筋肉なども含めて全体が割ける、つまり食道に穴が開いた状態になり、緊急手術が必要となることが多くあります。したがって、嘔吐を繰り返した後に吐血した場合は自己判断せず、医師の診察を受けることが大切です。

まとめ 

  • マロリーワイス症候群は、嘔吐を繰り返すことで、食道と胃の境目のあたりが傷ついて出血する病気である。
  • 飲酒後に嘔吐を繰り返して吐血するのが典型的である。
  • 内視鏡検査を行い、出血の部位や量を確認する。
  • 保存的治療で良くなることが多い。
  • 出血が続く場合は、内視鏡的にクリッピングなどを行う。
  • 特発性食道破裂と区別が必要なこともあり、医師の診察を受けるべきである。

医師コメント

何回も繰り返して嘔吐をする原因に飲酒のしすぎ、特に一気飲みがあります。アルコールの一気飲みはとても危険ですし、何より周囲へ迷惑をかけて、最終的には自分に降りかかってくる責任も大きいです。

あまりえらそうなことは言えない私ですが、ご自身の体だけでなく社会的な立場を守るという意味でも一気飲みする・させるは絶対に控えていただきたいです。

さらに詳しい情報