膀胱炎

膀胱炎は、医師の診断に基づいた適切な治療を

膀胱炎は、特に若い女性では多くみられる疾患です。
排尿時の痛みや、不快な残尿感に悩まされている方も少なくないのではないでしょうか。

膀胱炎とは、細菌(ばい菌)がおしっこの通り道である尿道から感染し、膀胱までひろがっている状態です。
したがって、細菌を殺す薬である抗菌薬(抗生物質)を用いることになります。

しかし、抗菌薬は適切な種類の抗菌薬を、適切な期間服用する必要があり、このルールに従わないとうまく治療ができないことがあります。クリニックTENでは、適切な抗菌薬の使用を行っています。

膀胱炎かな?と思ったら、ぜひ一度ご相談ください。

膀胱炎とはなにか

膀胱炎は、膀胱に細菌が感染して炎症が起きる病気です。

 膀胱炎は女性に起こりやすいです。これは、男性に比べて、女性はおしっこの出口と膀胱までの長さ(尿道の長さ)が短く、外から入った細菌が膀胱にたどり着きやすいことが理由です。

 長時間おしっこを我慢すると、本来おしっこで流されるはずの細菌が留まることになり感染につながります。また、疲れやストレスがあると、細菌に感染しやすい状態になります。女性の場合、性行為や月経がリスクになるので注意が必要です。

膀胱炎の症状とその特徴

 おしっこの時の痛み(排尿時痛)、頻尿、尿のにごりの3つが典型的とされています。残尿感があることも多いです。場合によっては、血尿や膀胱のあたりの不快感がみられることもあります。

 細菌の感染が原因ですが、膀胱炎では発熱はみられません。症状は膀胱炎のようなのに発熱がある場合は、膀胱炎をきっかけに腎臓まで感染が起こって、腎盂腎炎となっている可能性が高いです。

膀胱炎の治療と注意点

 細菌の感染が原因なので、抗生剤(抗生物質)を飲む必要があります。病院を受診して医師に処方してもらいましょう。注意点として、症状が良くなっても、自分で判断して処方された抗生剤(抗生物質)を飲むのを止めないでください。抗生剤(抗生物質)は全て飲み切ることが大切です。これは、症状が良くなってもまだ細菌が残っていて、飲むのをやめてしまうことで残った細菌がまた増えてしまう可能性があるからです。

 また、水分をよく取っておしっこをたくさん出すことも良いとされています。おしっこで細菌を洗い流す効果が期待されており、同じ理由で、女性は性行為の後におしっこをしておくと予防になるといわれています。

膀胱炎は他人にうつりますか?

膀胱炎は、細菌の感染が原因ではありますが、他人にうつることはありません。

まとめ

  • 膀胱炎は、男性よりも女性に多く起こる。
  • 長時間のおしっこの我慢、ストレス、性行為などに注意が必要。
  • 排尿時痛、頻尿、尿のにごり、残尿感といった症状が特徴。
  • 病院を受診して、抗生剤(抗生物質)を処方してもらい、全て飲み切りましょう。

さらに詳しい情報