腎盂腎炎

腎盂腎炎とはなにか

腎盂腎炎は、膀胱炎を起こしている時に、おしっこの通り道(尿道)を通じて細菌が腎臓までのぼり、腎臓に細菌が感染して炎症が起きる病気です。先に膀胱炎が起こることが多いですが、膀胱炎がないこともあります。

腎盂腎炎は若い女性に起こりやすいです。これは、男性に比べて、おしっこの出口と膀胱までの長さ(尿道の長さ)が短く、外から入った細菌が膀胱にたどり着きやすいことが理由です。

長時間おしっこを我慢すると、本来おしっこで流されるはずの細菌が留まることになり感染につながります。また、過労やストレスがあると、細菌に感染しやすい状態になります。女性の場合は、性行為や月経がリスクになるので注意が必要です。

腎盂腎炎の症状とその特徴

腎盂腎炎は、全身の症状が強く出ることが特徴です。発熱(38度を超える高熱のこともあります)、さむけ、ふるえ、背中や腰の痛み、悪心・嘔吐などがみられます。
また、膀胱炎がきっかけとなっているので、おしっこの時の痛み(排尿時痛)、頻尿、残尿感といった膀胱炎でもみられる症状もみられることが多いです。

腎盂腎炎の治療と注意点

細菌の感染が原因なので、抗生剤(抗生物質)を飲む必要があります。病院を受診して医師に処方してもらいましょう。抗生剤(抗生物質)がしっかり効くことが多いので、治りも良いことがほとんどです。ただし、症状が良くなっても、自分で判断して処方された抗生剤(抗生物質)を飲むのを止めず、処方された量を飲み切ってください。

抗生剤(抗生物質)は全て飲み切ることが大切です。これは、症状が良くなってもまだ細菌が残っていて、飲むのをやめてしまうことで残った細菌がまた増えてしまう可能性があるからです。

また、水分をよく取っておしっこをたくさん出すことも良いです。おしっこで細菌を洗い流す効果が期待できます。

腎盂腎炎は他人にうつりますか?

腎盂腎炎は、細菌の感染が原因ではありますが、他人にうつることはありません。

まとめ

  • 腎盂腎炎は、膀胱炎をきっかけとして起こることが多いです。
  • 若い女性に多く起こります。
  • 長時間のおしっこの我慢、ストレス、性行為などに注意が必要です。
  • 発熱などの全身の症状が出ます。
  • 排尿時痛、頻尿、残尿感といった膀胱炎の症状もみられます
  • 病院を受診して、抗生剤(抗生物質)を処方してもらい、全て飲み切りましょう

腎盂腎炎にお困りなら当院をご受診ください

ご予約はこちらから


FLOW

受診の流れ

予約・WEB 問診回答

予約・WEB 問診回答

予約・WEB 問診回答

当院は完全 WEB 予約制となっています。 面倒な会員登録はなく、LINE と連携、友達登録することでたった1分で予約が完了します。

(ブラウザがプライベートモードになっていると登録に失敗することがありますのでプライベートモードは OFF にしてご利用ください)

診療科目を選択し、予約可能な枠からご希望の時間帯をお選びください。予約後はそのまま問診にお答えいただきます。これによって、診察開始前から医師があなたの状態を把握することができるようになり、クリニック到着後すぐに診察をすることが可能になります。

来院 / 受診

来院 / 受診

来院 / 受診

受付でクレジットカード・保険証を提出いただきます。医師がいる部屋に患者さまが入る、そのような通常のクリニックとは逆転の発想で患者さまにお部屋の枠を予約していただいてそのまま直接診療室にご案内し、そこに医師がお伺いします。問診表を記入したり、待合室で待つ必要はありません。

持ち物

保険証

クレジットカード

事後決済

事後決済

事後決済

事後決済 診察終了後にお会計を待つ必要はありません。決済については、来院時に登録したクレジットカードから引き落としをおこないます。初回来院時に登録したカード情報をその後も利用可能です。

アフターフォロー

アフターフォロー

アフターフォロー

診察後には、医師からのコメントを添えた診察内容のまとめを LINE からお送りします。診断病名や、医師のアドバイス、もう一度受診が必要な状況などをいつでも見返すことが可能です。

また、LINE で友達登録をしておけば病院からの連絡、患者さまからの質問と双方向にコミュニケーションをとることができます。

PAYMENT

お支払い方法

当院は完全キャッシュレスでクレジットカードによる支払いのみ対応しております。

さらに詳しい情報