クラミジア感染症

クラミジア感染症とはなにか 

クラミジア感染症は日本でもっとも一般的な性感染症で、国内の感染者数は40万人以上と言われています。特に若い世代に多く、性経験がある一般の高校生への調査で、女性13.1%、男性6.7%が感染していたという報告もあります。

感染経路は主に性行為です。精液や膣分泌液、感染した箇所の粘膜に存在するクラミジアが、相手の粘膜に接触することで感染します。そのため、口を使った性行為も感染経路となりえます。

クラミジア感染症の症状とその特徴 

潜伏期間は1~3週間ですが、男女とも半数以上は自覚症状がなく無症状と言われています。症状がある場合は、男性では尿道のかゆみや排尿時の痛みや熱っぽさが現れることが多く、尿道から膿が出る場合もあります。女性ではおりものの増加、生理以外の出血(不正出血)、下腹部の痛み、性交時の痛みなどが症状として現れることがあります。

クラミジア感染症の検査と治療 

検査は、クラミジアそのものが存在するかどうかを調べる抗原検査と、クラミジアに対する抗体が存在するかを調べる抗体検査があります。

抗原検査は、尿や、膣ぬぐい液、咽頭周辺のうがい液やぬぐい液、肛門周辺のぬぐい液を用います。抗体検査は血液検査により行われますが、こちらは過去に感染していて現在は治っている患者さんでも陽性になることがあります。

治療は、ジスロマックなどの抗生物質を1日~1週間服用します。クラミジア感染症による炎症は骨盤内や肝臓周辺にまで広がることがあり、このような場合は点滴を3~5日ほど行います。

クラミジアを放置するとどうなりますか 

無症状でも気付かないうちにパートナーに感染させる可能性があるため、定期的な検査や、症状を感じた場合には早めの受診が勧められます。女性の場合、気付かないうちに卵管、卵巣まで炎症が広がり、不妊や子宮外妊娠の原因になることがあります。また、さらに進行して肝臓の周囲に炎症が及ぶと、緊急手術が必要な急性腹症と呼ばれる状態になる可能性もあります。

クラミジアに感染している可能性が少しでもある場合には、なるべく早く医師の診察を受けることが大切です。

まとめ 

  • クラミジア感染症はもっとも一般的な性感染症で、特に若い人に多い。
  • 尿検査などの検査で診断し、抗生物質で治療する。
  • 放置していると気付かない間に炎症が広がり、不妊の原因となることがある。

閲覧した文献

さらに詳しい情報