毛じらみ

毛じらみは性感染症 

 毛じらみは性感染症で、ほとんどが性行為などによって陰毛がふれあうことでうつります。毛じらみの成虫(大人になった毛じらみ)は1mm前後の大きさがあり、肉眼でも見えます。同じ「シラミ」にも頭じらみやコロモジラミなどもいますが、これらは性行為では基本的にうつりません。感染すると成虫は毛に卵を産みつけて増えていきます。卵は毛の根元にがっちりと産みつけられるので、手で剥がすのは難しいです。

毛じらみの症状とその特徴 

 性行為で感染してから、症状が出るまで大体1~2ヵ月かかります。これを潜伏期間といいます。

 症状としては、陰毛のかゆみが起こる場合が多いです。しかしかゆみには個人差があり、感染した毛じらみが多くてもかゆみがを感じない患者さんもいれば、少ししか毛じらみは感染していないのに、強いかゆみを感じる患者さんもいます。

 かゆみが強くなって掻きすぎてしまうと、その傷から細菌に感染してしまうこともあります。

毛じらみの検査と治療 

 治療としては、毛じらみが感染し卵が産みつけられた毛を全て剃るのが効果的です。ただ、陰毛だけでなく、眉毛やまつ毛、時には髪の毛にも感染していることがあり、全て剃るのが難しい場合もあります。

 毛じらみ対策のためのシャンプーなども市販されています。もちろん効果があることが多いですが、こういったシャンプーは生きている虫にしか影響しません。産み付けられた卵には効果がないため、注意が必要です。

 他には、毛じらみがいる可能性のある洋服や寝具をクリーニングに出して清潔にすることも効果的です。毛じらみは家庭内で感染が広まることも多いため、可能であれば同居する家族も一緒に治療することが大切です。

毛じらみの治癒判定においては、虫そのものがいないことに加えて、生きている卵がいないことを確認することも重要です。しばしば、死んだ卵を生きている卵と勘違いし、治癒しているのにもかかわらず未治癒と判断される場合があるようです。

まとめ 

・毛じらみは性感染症で、性行為などで陰毛がふれあうことでうつります。

・毛じらみは肉眼でも見えることがあります。

・感染してから約1~2ヵ月でかゆみなどの症状が出ます。

・治療では、毛を剃ることや毛じらみを殺すシャンプー、洋服などのクリーニングなどが大切です。

閲覧した文献

さらに詳しい情報