梅毒

梅毒とはなにか 

 かつて不治の病として恐れられていました梅毒ですが、現在では早期に治療すれば完治させることが可能です。ただし、放置して進行してしまうと、神経や心臓がやられてしまい日常生活が送れなくなるほどの症状が出てしまいます。

梅毒の主な感染経路は性行為です。梅毒の原因となるばい菌が皮膚や粘膜の小さな傷から体の中に侵入することで、梅毒を発症します。避妊具を使用しない性行為や、オーラルセックスなど、場合によってはキスでも感染します。

患者さんの数が近年急激に増加しています。年齢で分けると、ほとんどの年代で男性の患者さんが多いですが、20代では男性と女性がほぼ同じくらいで、増え方に関しては女性の患者さんの方が急激です。

梅毒の症状とその特徴 

 梅毒の症状は、感染してからの期間によって第1期~第4期に分けて考えます。

 第1期は感染してから3週間後から3か月くらいの症状が現れはじめる時期です。感染した部分に、しこりや潰瘍ができるほか、感染した場所の近くのリンパ節が硬く腫れるなどの症状が出ます。

 第2期は感染してから大体3か月以上経過した時期です。「バラ疹」という特徴的な発疹が出るほか、扁形コンジローマというイボが陰部にできたり、発熱や倦怠感が出たりなど、多彩な症状が出ます。

 第3期は感染してから大体3年以上経過した時期です。「ゴム腫」というゴムのようなできものが皮膚をはじめ骨や筋肉、様々な臓器にできます。鼻にできると「鞍鼻」と呼ばれ特徴的なものとされています。

 第4期は感染してから大体10年以上経過した時期で、心臓や神経がやられてしまい、最終的には死に至ります。ただ、第3期と第4期の患者さんは日本では現在ほとんど報告されていません。

(画像ほしいね:えびな)

梅毒の検査と治療 

 梅毒の検査では、血液検査を行い、梅毒の原因となるばい菌に感染しているかどうかを調べます。まず、梅毒に感染している可能性があるかどうかを簡単に調べるスクリーニング検査を行い、このスクリーニング検査で感染している可能性があるとさらに検査を行い、追加の検査でも感染しているとなれば、梅毒の確定診断となります。

 治療は、ペニシリンという抗生剤(抗生物質)の飲み薬が使われます。

 梅毒の治療は早期に始めることが大切です。そのため、気になる症状があったらすぐに病院を受診してください。また、その際には恥ずかしいかもしれませんが、性感染症かもしれないということを医師にしっかり伝えましょう。

まとめ 

・梅毒は主に性行為で感染し、近年若い女性を中心に患者さんの数が増加しています。
・症状は第1期から第4期の時期によって大きく変わります。
・治療はペニシリンという抗生剤(抗生物質)を使います。

梅毒にお困りなら当院をご受診ください

ご予約はこちらから

FLOW

受診の流れ

予約・WEB 問診回答

予約・WEB 問診回答

予約・WEB 問診回答

当院は完全 WEB 予約制となっています。 面倒な会員登録はなく、LINE と連携、友達登録することでたった1分で予約が完了します。

(ブラウザがプライベートモードになっていると登録に失敗することがありますのでプライベートモードは OFF にしてご利用ください)

診療科目を選択し、予約可能な枠からご希望の時間帯をお選びください。予約後はそのまま問診にお答えいただきます。これによって、診察開始前から医師があなたの状態を把握することができるようになり、クリニック到着後すぐに診察をすることが可能になります。

来院 / 受診

来院 / 受診

来院 / 受診

受付でクレジットカード・保険証を提出いただきます。医師がいる部屋に患者さまが入る、そのような通常のクリニックとは逆転の発想で患者さまにお部屋の枠を予約していただいてそのまま直接診療室にご案内し、そこに医師がお伺いします。問診表を記入したり、待合室で待つ必要はありません。

持ち物

保険証

クレジットカード

事後決済

事後決済

事後決済

事後決済 診察終了後にお会計を待つ必要はありません。決済については、来院時に登録したクレジットカードから引き落としをおこないます。初回来院時に登録したカード情報をその後も利用可能です。

アフターフォロー

アフターフォロー

アフターフォロー

診察後には、医師からのコメントを添えた診察内容のまとめを LINE からお送りします。診断病名や、医師のアドバイス、もう一度受診が必要な状況などをいつでも見返すことが可能です。

また、LINE で友達登録をしておけば病院からの連絡、患者さまからの質問と双方向にコミュニケーションをとることができます。

PAYMENT

お支払い方法

当院は完全キャッシュレスでクレジットカードによる支払いのみ対応しております。

閲覧した文献

さらに詳しい情報