接触性皮膚炎(かぶれ)

接触性皮膚炎(かぶれ)とはなにか

接触性皮膚炎(かぶれ)とは、皮膚に触れた何らかの物質による刺激や、それにともなうアレルギー反応により、皮膚が炎症を起こしたものです。一般的に原因となるものとして、アクセサリーなどの金属や、ウルシなどの植物、マンゴーなどの果物など多岐にわたります。

接触性皮膚炎(かぶれ)の症状とその特徴

接触性皮膚炎は原因物質が触れた部位に赤みや腫れがあらわれ、かゆみ、痛みが生じます。原因物質を直接手で触っても、手のひらの皮は厚いためその部位に症状は出にくい一方、原因物質を触った手で顔や唇など体の柔らかいところに触れると、皮膚が薄いためにその場所に症状が出てきます。刺激性の接触性皮膚炎の場合はかゆみというより痛みが強く、アレルギー性の接触性皮膚炎ではかゆみや赤み、腫れがみられやすいといわれています。

接触性皮膚炎(かぶれ)の治療と注意点

治療の前に、まずはかぶれの原因物質を特定することが重要です。金属や植物などの原因物質を取り除くことにより症状は軽減します。

症状を楽にする治療法として、ステロイド外用薬などを用いて炎症やかゆみを抑えたり、直接的な治療ではありませんが患部に冷やしたガーゼを当てることも効果的です。症状が軽い場合は数日で完治することもありますが、症状がひどかったり、長続きするときはクリニックに受診することをお勧めします。

接触性皮膚炎の予防で大事なこと

予防法としては何よりもまず原因物質に触れないことが重要です。原因がわからない場合でも、かぶれを起こしそうなものはできるだけ避けましょう。かぶれが起こってしまった場合には、炎症を悪化させないように肌を清潔に保ったり、辛いかゆみでもなるべく掻かないようにすることが重要です。

まとめ

  • 接触性皮膚炎(かぶれ)とは、皮膚に何らかの物質が触れることで、刺激やアレルギー反応により皮膚が炎症を起こしたものである。
  • 原因物質の回避やステロイドなどが治療に重要である。

さらに詳しい情報